宗 務 所 便 り

  

2003年12月1日発信  No.135

愛知西教区宗務所長 一色宏襄 九拝

 謹啓上 枯葉狂風の候 光陰矢の如しとか早 師走となりましたが、皆々様益々ご清祥にて ご接化のこと大慶に存じ上げます。 前支所長様におかれましては、4年間誠にご苦労さまでした。心より御礼申し上げます。 9日には、慰労会を開催いたしますので、是非ご参加下さい。又、宣労の軸物はお送りいたし ます。  新支所長・人権擁護推進委員様には、4年間部及び教区、本派発展の為、布教及び教学の振 興と宗務の円滑な運営にご尽力賜ります様、伏してお願い申し上げます。

頓 首

11月の報告


  2日         第11部  東林寺閑栖 小池宗圓師 遷化 81才
  6日                  々            津送               於、東林寺
10日〜11日 花園会寺院役員研修会             於、本部
11日          徳源寺報恩授戒会記念講演  午後1時より
         京都・清水寺貫主 森 清範師            於、徳源寺
15日     第14回全国花園会婦人部研修会 申込締め切り日
17日          研修会・微笑会打ち合わせ                     於、金山
21日     愛知同宗連現地学習会                         於、西区文化センタ−
26日      詩偈研修会                   於、徳源寺
29日          微笑会愛知西大会                  於、吹上ホ−ル
30日      支所長任期満了
  

12月の予定


 1日〜 2日 花園会婦人部研修会 教区より2名参加     於、本部
  2日〜 3日 遠忌代表委員会                於、本所
  3日     歳末助け合い托鉢  青年僧の会主催
  9日         教区新支所長・推進委員研修会              於、金山
10日     詩偈研修会                   於、徳源寺
10日〜17日 「天平の甍」前進座公演            於、中日劇場
24日     御用納め

<お願い>


◎ 1.支所長の交代は、特に年度途中ですので、平成15年度の宗務所・本所から発信された    諸書類は、忘れずに引き継いで下さい。    12月9日の研修会に使いますので、持参して下さい。

2.平成16年度 部内諸行事の報告を9日にお願いいたします。    来年度教区の行事を計画する時に必要ですのでお願いいたします。

3.法式梵唄教区委員の選出   「今後各教区に梵唄部を設立し、代表者が本山で研修を行い、教区で法式梵唄の指導・研 修をし  ていただくシステムを作りたい」という、本山の意向を受けて、教区委員を 2〜3名選出したいと思いますので、平成16年2月末日までに各部内で、よく維那を頼 まれる方や梵唄に興味のある方を選出して下さい。その中から教区代表者を選出いたしま す。

4.奨学金事業に関する要望書の署名のお願い   別送にて署名用紙をお送りいたします。12月25日までに宗務所(大興寺)までお送り下さい。   用紙の不足については、申し訳ございませんがコピ−して下さい。

◎ 平成16年2月4日午前10時より支所長会。 午後は寺院セミナ−

    

<議題として>

1.同宗連副議長教団要請を受けて

一昨年から現天理教議長教団より次期議長教団を見据えた副議長教団の要請がありまし たが、宗務所を自坊以外で持っている大教団に5〜6教団で、議長教団を回していただ き我々は、副議長教団としてご協力させていただくからと、お断りをしていましたが、 再度要請がありましたので、一度加盟教団の代表者会を開催し、協議をしましょうと意見 を述べておきましたが、議長教団についてはどうなるか解りませんが、副議長教団は受け なくてはならないと考えます。それに付けての委員の選出をしたいと考えます。 皆様のご意見をお聞かせ下さい。

2.宗務所長選挙における選挙長の選出

平成15年9月議会にて、所長選挙における選挙長は、支所長の中から互選により選任す ると変更されました。総選挙は、任期満了(6月24日)の日から40日前に行う。 5月14日であります。発布は選挙期日の22日前、4月24日となります。 選挙長は、発布の5日前(4月19日)迄に本所に届出をせねばなりません。 4月30日(金)の支所長会では遅すぎますので、2月4日に決めたいと存じます。

<報 告>

◎ 新支所長・推進委員

 

12月1日より新支所長・新推進委員が就任となりました。ご活躍を期待します。
        支 所 長            推 進 委 員

       1部  海 福 寺  城  良導    政 秀 寺  佐藤 祖嶽
     2部  大 法 寺  中島 雄道    泰 雲 寺  龍山 正純
       3部  徳 岩 寺  山田 紹全    総 見 院  戸崎 知則
    4部  観 音 寺  小瀬 秀道    利 海 寺  池田 豊應
    5部  定 光 寺  宮田 全勝    林 昌 寺  武内 祐介
    6部  泰 岳 寺  泰丘 治道    桂 林 寺  浅井 玄真
    7部  新 光 寺  宮田 宗友    新 徳 寺  熊谷 秀道
    8部  江 岩 寺  柴澤 随謙    関 無 院  篠田 宗徹
    9部  吸 江 寺  佐橋 大観    福 昌 寺  羽澄 直樹
   10部  大 善 寺  丹羽 寛堂    文 永 寺  野呂 全法
   11部  金 嶺 寺  石井 康州    長 昌 院  山ア 文宏
   12部  瑞 芳 院  森  康正    清 寥 院  大崎 景山
   13部  禅 源 寺  大崎 直文    安 楽 寺  丸山 慈樹
   14部  大 仙 寺  後藤 玄州    随 応 寺  大野 善英

◎ 愛知同宗連現地学習会の報告

1.

去る11月21日午後1時30分より名古屋市西文化センターにて愛知同宗連現地学習会が 開催された。教区より 1部・2部・3部の推進委員 宗務所長 教区人権推進委員が参加を した。午後1時30分より同宗連「議長教団」天理教の西初彦氏の挨拶に続き部落解放同盟の 山崎氏より「西区平野町の概況・環境・平野支部の解放運動・今後の課題」について説明がさ れた。

午後2時10分より 同解放同盟の吉田氏より、「靴デザイン、クラフトスクール」について 説明がされた。 平野地区の靴製造の歴史製造の組織、今後の課題などの話があった。 午後2時30分 2班に分かれて 現地へ移動。午後2時40分「靴デザイン クラフトスク ール」にて説明。一般の方に 革靴を作っていただくカルチャー教室の開設。

現在20代〜30代の女性 60名程。 2割ぐらいはプロをめざしている。 作品などはアマ チュアのデザインコンテストなどにも出品。 指導はワークオフの職人があたっている。プロ を目指す若い人には 小さな工房を与えて 支援をしている。 靴の製造過程の説明。 女性 の靴製造は 男性にくらべて高度の技術が必要である。外側は牛革、内側は羊皮。(男性は内 側に豚革)染色された革を手に取って説明された。

移動して 則武新町2町目にある「なごや職業開拓校」の見学 午後3時30分 同3F会議  室にて 名古屋市議会議員(わっぱの会) 斉藤まこと氏の説明を聞いた。 (社会福祉法人 共  生福祉会)知的障害 精神障害を持つ人に職業訓練をして社会へ送り出す学校。 食品加工科  2年(知的障害) 生産実務科 1年(精神障害)の内容で 現在25名が通学している。

 

乾麺の製造と「則武家うどん」という 「うどん屋」を営業している。店の準備 接客 調理  片付けまで学生達が中心に営業。 腰のある讃岐風のうどん。 午前11時より午後2時まで  の営業である。訓練校の先生による、ビデオを見ての説明と 作業室の見学をした。  午後4時05分 現地解散になった。

                

教区人権推進委員

 U.  

今回始めてこのような会に参加させていただきました。  被差別部落地区出身の方々はまだまだ一部の心無い人達から迫害を受けている事実を当の  本人から聞かされ、正直いってショックを受けました。  どうして人は、わかっていながらも理不尽な偏見や差別をしてしまうのでしょうか?  とりあえずは、一目でわかってしまう被差別部落地区の環境改善から始めるべきだと思います  今回は色々と勉強になりました。

                 

2部人権推進委員

 V.  

11月21日、同宗連現地研修会が西区平野町であった。これに参加及び靴デザインクラフト  スク−ル、又、なごや職業開拓訓練校を視察した。この町の靴産業は大資本の進出に遇うまで  最盛を誇り百社を超える盛況振りが、今では十数社を残すばかりに衰弱化、そこで再興をめざ  しスク-ルを立ち上げた。住環境や職業の差別問題を抱える一方で自力で邁進する姿に心打たれ  る。

 

職業開拓訓練校は知的・精神障害を持つ人が一人でも多く就職できるよう日々実習に全霊で取  り組んでいるが、雇用側の意識も低く現実は厳しい。只、今回の研修は両方 仮にも職がテ−  マであった為、そのひたむきさに感動し許さざる差別に憤りを感じつつも、終わってみればす  がすがしささえ覚えた程であった。

 

そんな感じを受ける研修であったが相変わらず人権の問題に関して足らぬ知識と宗教家として  視野のせまさに改めて痛感せざるを得なかった。  大燈さんや関山さんは弱者の間で修行した。そんな祖師をもちながら私は恥ずかしく思う。  今の時代にこそなすべきことは何か?自分を問い直してゆきたい。

                                

3部人権推進委員

◎ 微笑会愛知西教区大会

 

去る29日吹上ホ−ルに於て微笑会愛知西教区大会が盛大に挙行された。新加入数314名と  いう多数の勧誘をいただきありがとうございました。当日は総裁代理に江松軒老大師を導師に  式典・稲盛会長の講演・あじろの祝斎(尾張漫才の清興)・福引・パネル、墨跡展など250余  名の御出席を頂きなごやかな雰囲気にて無事圓成しました。稲盛会長のお話は皆様感動され  大変高評であり、祝宴は、肩肘張らない微笑みのある楽しい一時でありました。  支所長・青年僧の会・寺庭婦人の方々には早朝からご加担を賜り厚く厚く御礼申し上げます。  ありがとうございました。

<案 内>

◎ 青年僧の会主催 研修会

期 日  16年1月22日午後3時〜5時まで
演 題  「寺院に適する保険」 個人と法人、退職金規定etc
講 師  ジブラルタ生命の 時實 豊年氏
会 場   (栄)マナハウス7F  名古屋市中区錦3-22-20TEL 052-971-3830
 研修会が行われます。
住職・寺庭のお方も大歓迎でございます。ともに研修しましょう。

<支所長殿へ>


※ 宗務所便りの配布 毎月発行されますが部内各寺院へコピ−して配布するか回覧していただきますようお願い いたします。

※ 第3回教区寺院セミナ-の案内を同封いたします。部内 住職・副住職様にそれぞれ配布 いただきますようお願いいたします。

※ 提案・協議事項などは必ず 部内で話し合って ご意見を出して下さい。支所長さんから そんな話聞いたこと無いということのない様にお願いいたします。

-------------------------------------------------------
ご意見・ご批判などございましたらお聞かせください。
-------------------------------------------------------

↑ページのTopに戻る

トップページへ